ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 海鳥の楽園と久種湖

<<   作成日時 : 2009/04/02 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ETC騒動少し落ち着いてきたんでしょうかねぇ、補助金(¥5000)を出してどこまで走っても¥1000なんて言ってますけど、すべて天下りした職員の破天荒な高額給与を支払うだけのお話です。 税金がこういった使い方をされて黙ってるしかないのか、まったくもって不可解なお役人天国の日本です。 党利党略としか思えない与党の近い将来にあるだろう、衆議院解散総選挙のための「人参作戦」なのに、お小遣いをばら撒いたりETCの補助金に踊らされてる、国民の果かなさだけが浮き彫りになっていますよねぇ・・・

お役人というのはいつの時代でもお金と社会的地位こそ命の次に大事という、俗物的な浅ましい考えしかないのでしょうか? 本当は国民のために何ができるのかという「社会奉仕」を考えなくてはならない職種の人達のはずなのに・・・ 情けなくて言葉もありません。 ってグチっても何かが変わるわけでもないし、二年間限定の「ETC援助」だけ有効利用させてもらうしかないんでしょうかねぇ・・・

画像


と、まぁ愚痴はこのくらいにして本題に入ります♪ 画像上は礼文島で見かけた海鳥達の楽園。 黒い鳥はおそらく「ウミウ」で、白い鳥は「カモメ」か「ウミネコ」さんだと思います。 こういう世界には政治や宗教などはもちろんありません・・・ 皆自然との共存共栄で成り立っている姿を見ると、なんて人間って醜いものなんだろうなぁって思ってしまいます。 人類こそ最高のものと考えているならば地球との共存をすべきで、宇宙開発をしてもその宇宙ステーションに入れる人達はもうすでに決まっているなんて、とても馬鹿げたお話です。 地球を見捨てて「選ばれた人達(アメリカやロシアの現職大統領など)だけが生き残れるようにしているだけのお話」という事を聞いたことがありますが、本当なんでしょうか・・・

画像下は、ペットに対してとっても厳しかったキャンプ場があった久種湖です。 あれ以来近づくこともありませんでしたが、遠くから眺めたそれは美しい自然しかありませんでした♪ ルールとかは守るものというのが一般的ですが、革命を起こす場合は「ルールは破るもの」だと思います。 歴史を紐解いてみても如実にそれが表れているはずなんですけどねぇ。。。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海鳥の楽園と久種湖 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる