ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 利尻昆布のだし専門店・りせん

<<   作成日時 : 2009/02/26 19:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

さて今日はようやく利尻島最後のトピックになりました♪ ペシ岬の散策を終えてからその入り口にあった利尻昆布のダシ専門店「りせん」さんへ・・・♪ 羅臼昆布も有名ですが、利尻昆布もそれと同じくらい名高い全国区の昆布です♪ で、 どちらが美味しいかは人それぞれなんでしょうけど、羅臼町で一緒に飲んでいた地元の漁師さん曰く「利尻昆布の方が羅臼昆布よりも美味しいな・・・」と言ってましたが、果てさてどうなんでしょうねぇ・・・ でも、京都の一流料亭が市場へ出る前に買占めをしているという、利尻島・仙法師産の肉厚昆布が最高級なんだとか言ってましたが、一度はその肉厚昆布で作られた京都の懐石料理を食べてみたいもんです。

画像


この「りせん」(北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町99-2 TEL・FAX(0163)82−1708)で売られているそれは、利尻昆布と本枯れ節(ほんがれぶし)を程よくミックスした「おだし」 私が行った時は「いちのおだし」を賞味させていただきましたが、風味もよくこれで作った「ダシ汁」に、「本返し」(本味醂を燃やして濃い口醤油を入れた日本料理の基本で、通称カエシ)を合わせた「蕎麦つゆ」を作り、自分で打った蕎麦を食べられたら最高に美味しいだろうなぁって・・・

画像


カツオのだしは鹿児島産のものを使っていますと言っていましたが、本枯れ節は静岡県の焼津産も有名ですよね・・・ 乾燥や風味を増す為のカビ付けを何度も繰り返して、水分を16%まで落としていくようですね。 こうして手間暇かけて作った本枯れは、鰹節のなかでは最高級のものになるんだそうです。 で、どっちが優れているかは私には判断できませんが、「こだわり」を持って作っていることには変わりはないので、最終的には使う人の好みということなんでしょうね、きっと♪

ここでは、長崎県産の「いりこ」を用いた「にのおだし」に、イタリアン料理にも使える宮崎県産のしいたけが入っている「さんのおだし」もあり、用途に合わせて使えるところが嬉しいかも 

画像


ここのHPは店主のYさんの奥さんが作ったそうで、SEO対策を施していなかったので、ちょっとだけ余計なお世話をしてきましたが、奥さん共々とっても喜んでくれたのは良かったのかなぁって・・・(*^^; で、 私が「HPを奥さんに作らせてるなんてダメだよ、自分でやんなきゃ! もっとしっかりしないと・・・」なんて叱咤激励をしてきましたが、その効果があったんでしょうかねぇ、商品が追いつかないほどの注文が殺到してるみたいです。 良かったですねYさん♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
利尻昆布のだし専門店・りせん ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる