ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本名水百選の甘露泉水

<<   作成日時 : 2009/01/14 20:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

日本最北の名水を謳い文句(うたいもんく)としている「甘露泉水」 これ、「かんろせんすい」と読むんだと思うんですけど、もし間違っていたらお詫びいたします。 利尻島には幾つか湧水(ゆうすい)があって、利尻登山をする人達にとっては、鴛泊りコースでの場合はここが唯一のオアシスになっています。 登山道でいうならば3合目なんだそうですが、ゆん太を連れて登りたかったけど、片道3〜4時間かかると言われたので「なら、登山に慣れていない人だとどのくらいかかるんですか?」 「観光客の人だと10時間くらいかかるかもしれませんね」 「ん〜〜、ゆん太が10時間待ってられないだろうしなぁ・・・」 で、結論です! 三合目の甘露泉水を飲んで帰るしかないか・・・

画像


なので早速登山口にいたスタッフの方に、「犬は何処に繋いでおけばいいでしょうか?」と尋ねると、建物の右側に案内されたのでそこにリードをセットして、甘露泉水を目指します♪ 本当は利尻富士を目指したかったんですけどねぇ・・・ 生後4ヶ月の犬が一緒だとちと無理だったようです 

画像


登山口から30分くらいだったでしょうか、皆そこに立ち止まってペットボトルに名水を汲んでいる人や、写真撮影している人、また口に含んでいる人など、さまざまの様子でちょっと渋滞気味でした・・・ 私はというと写真撮影はもちろんなんですけど、一口飲んでみたらクセがないのは当然かもしれませんが、名前の由来の通り甘く感じてたくさん飲んできてしまいました。 「これ、美味しい水だなぁ〜。 もうちょっと飲んでみようかな。」 多少山を登ってきたからかもしれませんが、今までいろんな名水と呼ばれているものを飲んできましたが、ここの名水は本当に美味しいです! ネーミングの通り本当に甘く感じて、しかもクセが全くなくて「ん〜〜、これ最高!」と思わず口ずさんでいた私です。

画像


日本百名水と呼ばれていても、飲料としては適さない名水もあるわけですが、ここの名水は利尻島の住民に簡易水道として適用されている、環境省お墨付きの「綺麗なお水」なんだそうです。 飲料用として適さない「飲めない名水」もあるわけで、「名水」だからといって環境省や国を単純に信用してはいけません。自分のセンスを棚に上げて「ブランド品だからいいもの」というのと同じこと。 だから名水と呼ばれているものでもそれを鵜呑みにしないで、飲む前にそれを確認したほうが良いかもしれませんねぇ・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3合目の「甘露泉水」のお味は
goodだったのですね
湧水といっても様々との事で、お試し
が必要とは(*0*;)☆ です。

ビキママ
2009/01/15 10:28
甘露泉水は美味しかったですねぇ・・・♪ 今まで飲んだ名水の中では一番うまかったかも。

名水と言えば、誰でも美味しいお水って思ってしまいますよねぇ・・・ 国や環境省の基準って何をもって「名水」と言うんでしょうかねぇ。。。 

私には理解できません(*^^;
nancy
2009/01/15 19:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本名水百選の甘露泉水 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる