ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺の町・飯山市「正受庵」

<<   作成日時 : 2008/06/04 19:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今回の旅は個展をするための題材探しの旅でもあったわけだけど、目の前の出来事が多すぎて犬の世話に追いかけまくられてしまった私・・・(*~~; 本当はゆっくりと歴史や地方の文化を吸収したかったなぁって。。。 でもこれも運命と考えれば、まぁ納得しなくてはいけないことなんでしょうねぇ。 今になって写真をすべて整理してそれに関するテーマを探していますが、やはりイメージとしてはゆん太との珍道中って感じです。 一つ一つ確認しながら何かを見出せればいいんですけど。

で、今日は寺の町飯山市でのトピックを・・・ 木島平村をあとにして斑尾(まだらお)高原へ行く途中に、「正受庵→」の看板が目に飛び込んできました。 なので早速そこを右折して暫く進むと「正受庵」がありました♪ 庵の裏手に車を停めて早速ゆん太と中へ入っていくと、年配の男性がいたので「正受庵」はここですよね?」と尋ねると「正受庵はこの下で、ここは“坊”です」「あぁ、そうですか。ありがとうございます」 

画像


「坊」とはお坊さんが住む家のことで、別名「庵」とも言いますが、それの違いは「坊」がその総称で、「庵」は小さな家という意味のようですが、定かではありませんので悪しからず。。。 「庵」は、昔浅草にあった浄土宗の寺の中に「道光庵」と呼ばれる建物があったそうで、その庵主が蕎麦どころとして名高い信州出身で、そば好きが高じて檀家の人達にそれを振舞っていたら、とても美味しいと評判になりそれを目当ての人が大勢来たそうです。 で、江戸随一の人気蕎麦庵になったことから、現在は飲食店などで「・・・庵」という名のお店が増えてきたようです。

画像中がその「坊」で、下の画像は臨済宗の再興者の「恵端禅師」(正受老人) 現在は座禅の修行道場として人気があるそうで、お寺での座禅ってまだ一度も経験したことがないので体験してみたかったなぁ・・・♪

ここ、飯山市は信州の小京都と呼ばれているほど寺院が多く、次回来たときには七福神巡りをしてみたいもんです。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寺の町・飯山市「正受庵」 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる