ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島新田の棚田

<<   作成日時 : 2008/05/31 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

阿弥陀堂を見学してからは、左手に見えていた福島新田(ふくしましんでん)の棚田を散策♪ 早朝だったので朝もやがかかっていて空気も冷たく新鮮な感じ・・・ お隣には癒しの最高峰と言ってもいいペットの「ゆん太」君がいるので、お散歩しててもついつい笑顔が出てしまいます 一人旅でもペットがいるとなんだか二人旅をしているようで、心が落ち着いてくるから不思議です。。。

この飯山市・福島新田の棚田は、ず〜っと昔から伝承されているのかと思いきや、減反や採算割れ、高齢化に伴う労動力の減少などで荒廃化が進んでいたものを、平成10年に地元有志14人が集まり、棚田保存会「棚田の里・三部」を結成し、地権者からの同意を得て背丈を超える草刈りや、小型重機による表土入れ替えなどの作業を行い、平成11年には15年ぶりに復活した棚田での田植えが行われたそうです。 初めて見る人にとっては、さぞかし古い歴史を持った棚田かなと感じるかもしれません。 が、その苦労の甲斐があって見事に復活した棚田で、平成11年7月には農林水産大臣から「日本の棚田百選」にも認定されたそうです。 保存会の皆様良かったですねぇ・・・ 心からおめでとうございますと言わせて下さい♪

画像


前述の秋山郷にもこういった素晴らしい景観の棚田がありましたが、風景として人工美と自然美の調和を感じさせてくれる石垣のある棚田って素晴らしいなぁって・・・ ここの石垣は戦国時代の城壁に利用されていた技術を応用したものなんだそうで、田んぼとその石垣を見てたらその労苦がどれだけのものだったのかは、想像を絶する忍耐を感じます。 今の若い人ではとても無理でしょうねぇ、きっと。。。

日本映画「阿弥陀堂だより」もそうですが、石塚克彦監督の「走れ!ケッタマシン〜ウエディング狂想曲〜」もこの福島新田の棚田がロケ地として使われていて、日本の心の故郷を感じさせてくれるところです。 私が行った時はまだ飛来していませんでしたが、もうすぐ蛍も飛ぶようなのでまだ行かれたことがない方には、是非一度見ていただきたいとっても美しい棚田です〜

画像


画像中は、その棚田から眺めた千曲川と野沢菜畑。 こんな景色毎日見られるなんて本当に羨ましいことです。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島新田の棚田 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる