ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 魚野川

<<   作成日時 : 2008/05/04 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

毎年恒例の越後への旅。 若い時は年に数回通っていたほど大好きなところです。 河の水は、手が痺れてしまうほど冷たく限りなく透き通り、空気はもちろんとても美味しく感じ、自然も大変綺麗なので春になると行きたくてムズムズしてしまう“越後湯沢” 近年は都会からやって来るマンション族のための施設が乱立してしまい、その素晴らしかった景観は台無しになってきたのは言うまでもない話だけど、どういうわけかこの地が好きで体が自然と動いてしまうのは不思議です。

いつもは釣り(ルアーやフライフィッシング)と山菜取りがメインなんですが、今回は「安里屋ゆん太君」が一緒なので、釣りはしないで山菜取りだけしてきました。 今年のゴールデンウィークは飛び石なので、サラリーマンの人達にとっては、やっかいな日程だったようだけど、私のような「自由人」はそういった飛び石は関係のないお話です。 なので、新しい題材探しを含めた「ゆん太との二人旅」をしてまいりました♪

画像


画像は、越後湯沢を南北に走る大河「魚野川」 この川は、姿と色合いが大変美しい岩魚(イワナ)や山女魚(ヤマメ)などの渓流魚がたくさん釣れる川として名高い、渓流釣りファンにとっては堪らなく魅力的なところ。 毎年GWの頃になると雪解け水の“雪代”(ゆきしろ)が、支流や沢などから大量に流れ込んでくる関係で、本流の流れは一年で最も早くて強い時期です。 以前来た時はポロロッカのような濁流で、川に落ちたらまず死を覚悟しなくてはならないような時期もあり、怖くて川に近寄ることすらできない年もありました。。。 昔は支流の大源太川で、通常の川面より8mも高い鉄砲水が出たこともあるんだそうで、そんなのが来たら人はもちろん、車や家などすべて流されてしまうでしょうねぇ・・・

その「鉄砲水」はいきなり来るわけだけど、よ〜く川の水を見ていると初めは透き通った水が「ささにごり」(少し濁ってくること)になってきて、そのうち小さな木の葉や小枝が流れてくるそうなので、その前兆をキチンと見逃さないですぐに川から避難すればいいんだけど、釣りに熱中してるとそこまで気が回らないかもしれませんねぇ・・・きっと(*~~;

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魚野川 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる