ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬酔木(アセビ)の花

<<   作成日時 : 2008/04/18 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

白丸ダムを歩いて奥多摩川を渡ると、ダムサイト右手に馬酔木の花が咲き誇っています。 さいたま市ではもうその時期が終焉ですが、高度のある奥多摩地方では今が満開でした♪ 鈴蘭のような壺の形をしてて、一つだけよく眺めてみると結構可愛いお花さんです。 一般に白とピンクっぽい赤紫系のものが多いようですね。 これも春を告げる花の一つで、漢字だと読みにくいかもしれませんが、読んで字の如しの意味合いがあるようです。

属性はツツジ科で、パッと見「灯台躑躅」(ドウダンツツジ)によく似てて、遠くからだと間違えてしまう時もありますね。 これによく似た花で、赤や白から赤へと変わるグラデーションのとっても綺麗な「更紗灯台躑躅 」なんて品種もあるようで、私はまだ見た事がないんですけど、名前もいいし色合いも素晴らしいので、いつかは写真に収めたい花の一つです

画像


この「馬酔木」、文字通り枝葉に有毒な「アセボチン」という成分があるので、馬がその葉を食べたりすると、脚が痺れて酔ったように歩いた?ことからその名がついたそうです。また、その毒素を利用して「殺虫剤」としても使われていたようです。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬酔木(アセビ)の花 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる