ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS アイガー北壁の夕陽

<<   作成日時 : 2008/03/22 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は教室開講日。 最近は生徒さんの数が均一化してなくて、多い日もあれば少ない日もあり、今日は多い日にあたったようでとっても忙しかった私・・・ 出席予定表をつけてもらっているけど、なかなか思惑通りにはいかないようです。 そんな中見学者も来ていたので、ゆっくりと見学と体験してもらうこともできませんでした(*^^;

で、今日の授業で完成したばかりの生徒さんの作品をご紹介したいと思います♪ 旅行が趣味?の春日部市のKNさん。 半年前くらいから制作していたスイスの想い出写真を元に、デザインをオリジナルで描きあげた作品がようやく出来上がりました〜

モチーフは、スイスのグリンデルワルトからバスで登ったグローセ・シャイデック峠から見た“アイガー北壁” グローセ・シャイデックは「大きな峠」という意味なんだそうで、アイガーの左隣がシュレックホルン、その左下にヴェッターホルン山裾。 花は、イブキトラノオとバターボール。本当はバターボールはここには咲いていませんとはご本人談・・・ 

画像


実際は昼間に撮影したもの(画像下)でしたが、どうせ作るなら絵になる方がいいので、夕焼けをイメージして作り上げたものです。 夕陽に染まったオレンジ色の雲や紺碧の空を、どう表現していくかでこの作品の良し悪しがきまってしまうので、慎重にガラスとその色合いを選定して作り上げてきましたが、とっても素晴らしい作品が出来上がりましたね〜♪

木立はフュージングしてそれらしさを演出、花はイブキトラノオにバターボール。 デザインは表から見ないと木立を見られませんが、直射光を受けて投影した色を見るには木立が見えないので、両方掲載してみますのでその効果をご覧いただければと思います。 パネル裏からは、アンティークグラスの部分のみ綺麗に投影したものを楽しめますが、不透明のオパールセントグラスの部分は単なる影になってしまうので、質感を強調したい部分とそうではない部分でガラスを使い分けてみました。

デザインや色使いも大事なものですが、ガラスの選定もその作者のセンスが問われる部分なので、ステンドグラスの制作過程の中ではかなり重要なものです。 なので本当は最も時間をかけていい作業工程と言っても差し支えないんですけど、生徒の皆様方、授業料のことは考えずに、時間をかけて選択してほしいなぁと思っています。

先ほど制作者ご本人からメールをいただきましたが、と〜っても感激してくれたようで制作助手(?)の私としても、本当に嬉しく思います。 旅の想い出を形にできるステンドグラスって、本当にいいもんです(*^^*)/

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、その他の生徒さんが作られたステンドグラスを見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイガー北壁の夕陽 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる