ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 縄文気功

<<   作成日時 : 2008/02/08 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

さて今日は気功のお話でも書いてみます。 最近は癒しやヒーリングなどが流行りのようですが、科学では解明できない東洋医学と言ってもよい“気功” その理論では説明できない“縄文気功”なるものを体験してきました〜♪

七沢温泉で一泊した翌朝に、ヒーリングが大好きなTさんが予約していた“縄文気功” で、早速私も体験しようかなと思っていると、「結構きつくたたかれるから、その覚悟で体験したほうがいいですよ〜」と言われて、「えっ、きつくたたかれるの? それなら嫌だなぁ」と私・・・ で、結局見学してから体験してみようかなという結論に達し、その施術室に行くと柿渋の作務衣を着た人がいたので、「縄文気功はこちらでやるんでしょうか?」と尋ねると「はい、ここでやります」 「見学はできるんでしょうか?」「はい、大丈夫ですよ」とのことだったので、早速見学をしてまいりました。

今回の施術をしてくれたのは、三十代くらいの気功師の望月さん。 まだ若い人だけど髪の毛を短く刈り込んでいて、しかも着ている作務衣の柿渋の色もそうだし、あたかも“タイの僧侶”のようでした。 普通はこういった施術って見せてくれないものなんだろうなぁと思っていましたが、この望月さんは解放的で明るいとってもいい感じの人で、邪気がないというか純粋無垢で俗化していないことがすぐに解る素晴らしい人間です!

画像


施術は、手や足を使ってそのツボを押さえていくように、多少移動しながらポイントを掴むように打っていきます。 興味深そうに眺めていたら「ちょっと体験してみますか?」と言われて「いいんですか?」という私に「えぇ、どうぞ構いませんのでよかったらここに横になってみてください」と言われたので、早速横になってその気功を体験することに・・・

私は腰に持病があって、時々腰痛があるんですけど左の腰を足のかかとで打たれたときはかなり痛くて、「もう止めて欲しい〜〜!」と思いましたが、5分ほど治療を受けてからは、体が芯から温まってきて軽くなっていたのにはちょっと驚きでした。。。 西洋医学では推し量ることが出来ない東洋の魔術とでもいいましょうか、対処療法では直せないアジアのすごさを垣間見ることができました♪

この気功、病院では治せないものでも治ったという逸話も多く、まだ体験したことがない方で興味のある方おりましたら、一度“縄文気功”体験してみるのもいいかもしれません 個人的にはBGMで姫神の「神々の詩」のCDでもかけて、縄文語を聞きながら施術を受けたら、もっとそれらしさが出るかもなぁ、、、なんて感じてしまいました

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
縄文気功 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる