ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 篆書(てんしょ)と刻書

<<   作成日時 : 2008/01/30 18:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日も篆刻のお話の続編です♪ 埼玉県の深谷市在住の篆刻と篆書の達人である“石井長慶”氏の世界を、世の中たくさんの人に知ってほしいので、その素晴らしい作品群をお届けしたいと思います。 刻書(こくしょ)は、長慶さんオリジナルのもので、他にもそういった作品作りをされている方も知っていますが、やはり私はこの長慶作が一番のお気に入りです♪

本来は印章を作るための書体ですが、いろんな木を美しく刻むというのも美術だと思います。 美しい術だから「美術」なんですね。 音楽は音を楽しむと書くわけだし、読んで字の如し・・・ と、いうことでしょうか。 でも日本語の言葉の意味合いは、とても難しく漢字はそれを上手く表現している、絵文字のようなものだと考えています。 その中でも「侘び、寂び」が日本人の心の故郷でもあるわけで、それをどういうコンセプト(概念)で表現できるかが大事なんだと思います。 
 
まぁ、能書きはこれくらいにして、作品のご紹介を致します
上の画像は、「游魚」というタイトルの作品で、コンセプトは「流れに逆らわずしかも流れを楽しむ・・・ 」 エンボスの一つ一つが、一匹の魚がゆったりと水の流れを楽しんでいる様子を表現したものだろうなぁと感じますが、何とも言えない篆書ですよねぇ・・・ これ、美味しい鮨屋さんならピッタリなんでしょうね〜、きっと

画像


下の画像は、「以了」(もってりょうす)。 意味はこれを以って了すと自信を持って言いたいなんですって。 かなりいろんな意味で達成感が高い作品なんでしょうね。。。 石井長慶氏の作品如何でしょうか・・・ 私は個人的には大好きなんですけど、こういった美術工芸品って絵画に比べてその社会的地位が低すぎると思ってるんですけど、もっと高くなって肩を並べてもおかしくないと思うんですけどねぇ・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篆書(てんしょ)と刻書 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる