ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 礼拝堂のステンドグラス

<<   作成日時 : 2007/11/27 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日も昨日に引き続きフランスのカルカッソンヌの話題です♪ CDROMに焼いてきてくれた画像が500枚以上あるので、どれを掲載しようか悩んでしまうほどの量で、その中から綺麗に写っているステンドグラスをご紹介したいと思います。 

上の画像はカルカッソンヌの礼拝堂なんでしょうか、いわゆる素人の人達が持つイメージカラーの作品ですね。 赤や青、黄色に緑など光りの4原色を多用した色使いのもの。 場所がフランスなのでもちろんアンティークグラスオンリーなのは言うまでもありません。 昔は一つの色を出す為には溶鉱炉が一つ必要だったので、炉の数しか色ガラスを作れなかった為に絵付けなどで表現したものが多かったようです。 が、現在ではその色数は本当に豊富なあるため、絵付けせずに作ることが可能になりました。 絵付けは、物理的な応力は働いて割れやすくなるし、失透現象がおきたりして透明感がなくなり、宗教的なモチーフも多いので個人的にはあまり好きではありません。投影した色と光りのハーモニーを楽しむのであれば、ガラスの素材を加工せずに利用したものの方が、圧倒的にその色合いは美しいものができると思います。

フランスには、元の電電公社(現NTT)のような国が管理しているアンティークグラスメーカーの「サンゴバン」社があり、ノウハウを国外に出すことがかなり厳しく統制されているようです。現在は半官半民の企業になったという話ですが、定かではありませんのでもし間違えているようでしたらごめんなさいです

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
礼拝堂のステンドグラス ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる