ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡情話

<<   作成日時 : 2007/09/21 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

コンサートを充分堪能したあとは両津のホテルへ戻り、昼間海で採取したサザエやシッタカを固形燃料の鉄鍋で茹でながら、生徒さんや友人との話を咲かせていると、楽しくて時間を忘れて飲んでしまった私・・・(*~~; 今回は、山形から染織りをしている友人がご夫婦で急遽参加してくれ、その人柄の良さとお話が生徒さん達にとっては、とても楽しかったようで夜中の1時半までワイワイしてしまい、早く寝たかった人もいたようですがこの場を借りてお詫びいたします〜

画像


さて、翌日は金山でも見に行こうという話になり、早速朝食をすませてから2台で出発♪ 行程はおよそ1時間。私って天邪鬼だから俗に観光客が集まる場所には、あまり行かないんですけど、こういった団体行動ではそんな我侭も言えないので、みんなの意見を尊重して一観光客として見てきました♪

画像


この金山は、1601年に鶴子銀山の山師3人によって発見されたそうで、以来平成元年までの388年間も採掘された言わずと知れた日本最大の金鉱です。坑道の総延長はなんと400kmもあり、そのスケールの大きさには驚き以外ありません・・・ 

佐渡最大と言ってもよい相川の町は、全盛期には5万人もの労働者で溢れ、当時農家の娘さん達が米二俵と交換され、女郎部屋に行かされたという悲哀なお話を、以前どこかで聞いたことがあります。売られた娘はそのほうが美味しい物も食べられるし、綺麗な着物も着られるからと云った若い娘もいたようです・・・ まぁ、なんとも言えない悲しい話です。 また金鉱労働者は、あまりの重労働に耐えかねて脱出を試み、失敗し過酷な死を遂げた人達も大勢いたようです。

画像


お弁と藤吉で名高い悲恋の佐渡情話もそうだけど、美空ひばりが唄ったそれもそんな悲しい出来事を情感たっぷりと歌い上げていましたね。なんだか思い出して口ずさんでしまいました。。。

金を掘るのは、どれだけ大変な重労働なのか私にはわかりませんが、コンピューター制御された人形の鉱夫の顔を見ると、その悲哀さが出ていますよね・・・

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐渡情話 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる