ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 森鴎外・夏目漱石住宅

<<   作成日時 : 2007/04/06 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

午後1時半に着いたこともあり、時間的に余裕がなかったので足早に園内を周ります。聖ヨハネ教会を見たあとは、“森鴎外・夏目漱石住宅”があったので早速入ってみると、明治20年頃、医学士中島襄吉の新居として建てられたものが空き家になってから、森鴎外が借家として一年間住み、その後夏目漱石が住んだようです。

画像


縁側にある柱は自然素材の曲がりくねったものを使っていて、味わいがありとてもいい感じ。欄間は竹の彫刻もあり、採光を考えたガラス窓も入っていて、その当時(明治中期)としては洒落た部類の住まいだったようです。

廊下には壁を抜いた猫のくぐり窓があり、これは多分鴎外ではなく漱石作なんだろうなぁって・・・♪

画像


森鴎外氏は、IQ(知能指数)が抜群に高かったようで、今の東京大学医学部を19歳8ヶ月の史上最年少で卒業された天才。幼少(9歳)の頃にオランダ語を学んだり、ドイツ語やフランス語、また孟子で有名な中国語など、語学が非常に堪能だったようです。また陸軍の軍医としても功績を残し、文壇にも登場するなど多芸を極めたのは、言うまでもない話。

ドイツ人女性との恋をテーマにした鴎外の処女作“舞姫”や、“漱石の我輩は猫である”を生み出したこの家は、日本人の心の故郷を感じさせてくれる落ち着いた空間があり、文豪の住まいとしては適切な“間”があったんでしょうねぇ・・・多分♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
松山移住@松山宿泊情報 老舗旅館”ふなや”
松山大好き ...続きを見る
松山移住@松山情報応援団
2007/06/03 15:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森鴎外・夏目漱石住宅 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる