ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴェネチアングラス美術館

<<   作成日時 : 2007/04/22 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

さてさて、このガラスの森美術館で一番人気のマガモさん達のいる庭園には、べネチアングラス美術館と現代美術館の二つの館があります。まず最初にヨーロッパ貴族を熱狂させた“ヴェネチアングラス美術館へ・・・♪ ゴンドラの浮かぶ運河をイメージした池に架かる白い橋を渡るとその美術館入り口があり、エントランスホールには、ちょっと触れただけでパキッと折れそうなほど細くて長い吹きガラスで作ったと思われる、優美で繊細なシャンデリアが掛かっています。

花をモチーフとした見事なシャンデリアで、ターコイズブルーに赤が入ったとっても綺麗なものでした。が、写真撮影の時にどうやっても赤い消火器が入ってしまい、これはなんとかならないものなんでしょうか・・・(*~~; 消防署の決まりごとなのかもしれませんが、これはちょっといただけないかも(*~~;

このシャンデリアは、作ることもそうだけどどうやって取り付けをしたのか、また、その人達の重責は計り知れないものだったろうになぁって。。。(*~~; ベネチアングラスは繊細なものが多いので、展示するだけでも難儀なのに、こんな大きなものになるとその施工工事がいかに大変なものか、その苦労は想像を超えているものなんでしょうねぇ・・・

画像


現在もイタリアのムラーノ島では、たくさんのガラス工房があり、板ガラスメーカーのモレッティーや、千の花という意味のムリーネ(ミルフィオリ)を作っているガラス職人さんが大勢いるようで、飛行機に乗れない私としては船か鉄道で行くしかなさそうです(*~~;

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
わ〜!ほんとに見事なシャンデリアですね。
ポイントの色合いもまた素敵です♪
結構な重量がありそうですねー。
壁の左右に掛けられた鏡も気になります。
あれはまわりは白っぽいガラスでしょうか。
下の方は絵が描いてありますねー。
時間がゆっくりととれれば
船旅で世界ガラスの旅めぐりもいいですねー。
ヴィーナス
2007/04/22 18:30
これは素晴らしいシャンデリアでしたよ〜♪ 箱根方面に来るような時がありましたら、是非立ち寄ってみてくださいね〜。

鏡の両サイドは、確かガラスだったように記憶しています。でも私は、消火器が気になって仕方がなかったのであまり良く覚えていません〜。なんだか本末転倒かも〜(*~~;

船旅の世界一周は、真面目に考えているんですけど、まだ先立つものがないのでもう少しお預け状態なんです〜(*~~;
nancy
2007/04/22 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴェネチアングラス美術館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる