ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS STV広場の大雪像

<<   作成日時 : 2007/02/15 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

札幌大通りの8丁目から9丁目に向かうと、札工OBと生徒会に雪遊会が作られた子供達が遊べる滑り台や、トリケラトプスをイメージしたと思われる、恐竜を模したオブジェに万里の長城がありましたが、体の芯までシンシンと冷えてきて吹雪もすごく、帽子を被ってしかもフードをしていたので、小さなオブジェだと視界に入りません(*~~;

なので大きな雪像しか目に入らず、10丁目を目指します♪ ここはSTV広場と市民の広場になっていて、STVでは南極の生き物達をモチーフとした作品が展示されていました(*^^*)
上の写真は、そのSTV広場で撮影したもので、初期の日本南極観測船の“宗谷”に、中央には樺太犬のタロとジロをイメージした雪像がありました♪ 一年間も放置されていたのに、苔などを食べながら耐えて生き抜いてきたタロとジロ。一年後に出会った隊員さんはさぞかし驚いたことでしょうねぇ〜。 私だったら、もう涙が止まらないんじゃぁないかなぁって・・・ でも、泣けばすぐに凍って顔に張り付いてしまいそうだし(*~~;

手前にあった犬の雪像は表情が人間的でしたが、後ろにいたジロ?はとてもワンちゃんの表情をつかんでいて、良く表現できていたのではないかなぁと思います。が、これも日が経っているので多少は溶けてその表情が変わってきてしまったものかもしれませねぇ・・・

画像


制作は札幌市大雪像制作団だそうで、ライトアップも趣向を凝らしていて結構綺麗なオブジェだったと思います♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
わ〜!タロとジロですねー。
タロとジロ以外のつながれたまま
冷たくなってしまったワンちゃんの
ことを思うと涙がちょちょぎれます。
そして子犬だったタロとジロがたくましく
生き抜いていた強さに感激です。
ないちゃいそうですねー。
お目目からつららできちゃいそうです。
くじらやオットセイや観測隊の船の
モチーフもすごいですね〜。
夜のライトアップも素敵です。
北一硝子にはよってこられましたか〜?
ヴィーナス
2007/02/16 00:44
ヴィーナスさん、こんばんは〜♪ 涙、涙の世界ですよねぇ〜。ちょちょぎれるって初めて聞きましたけど、関東風に言うとどうなるんでしょうか?? 当日は夜に着いたので、オブジェのライトアップも結構良かったですよ〜。最近はこの手のディスプレイが何処でも流行りみたいです♪ 北一硝子は一昨年の夏に行って見てきたので、今回は行きませんでした〜(*~~;
nancy
2007/02/17 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
STV広場の大雪像 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる