ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 水琴窟(すいきんくつ)♪

<<   作成日時 : 2006/12/06 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

三千院を後にして、実光院の奥にある宝泉院へ向かいます。ここは以前にも何度か訪れたことのあるお寺さんでしたが、一緒に行った娘に「水琴窟(すいきんくつ)って知ってるか?」と質問をすると「どんな靴なの?」との返事(*~~; やっぱり若いからそんなこと知る由もないかと思い、「じゃぁ、その窟(くつ)を見に行くか・・・」ということで、宝泉院へ。

「抹茶を飲みたい」と言っていた娘でしたが、ここは拝観料が一人¥700で和菓子と抹茶が否応なく付いて来ます。なので丁度いいかなぁと思い二人分の拝観料¥1400を支払って行こうとしたら、後のおば様が「私は今、抹茶を飲んできたばかりだから、抹茶なしにしてもらいたいので、その分安くしてほしいんだけど・・・」と言っています(~~; 抹茶を飲んだのはその人の自由で、ルールというものを無視しようとしているだけなのに、自由と勝手を履き違えているよなぁって・・・(*^^; 図々しい人って結構いますが、結局どうなったかは最後まで見届けなかったので判りません。というか、最後まで聞きたくなかったのが本音かも〜(*~~;

画像


なんて、クダラナイ話は止めて本題に戻ります♪ この水琴窟は土中に水がめを逆さにした状態でセットしてあり、底には小さな穴をあけて手水鉢(ちょうずばち)から流れ落ちる水が、瓶の穴を通して滴り落ちるようになっています。その時の音が瓶の中で反響し琴のようなキレイな音になるのを、竹筒に耳を澄まして聴くもの。 当日はたくさんの観光客が来ていましたが、誰もその綺麗な音色を楽しんでいなかったのですが、私と娘が交互に聴いていたら“水琴窟渋滞”が出来てしまい、娘曰く「これ、知ってる人いないんじゃないの?」「そうかもなぁ・・・これだけ渋滞してんだからなぁ。。。」と私(*^^;

ここのお寺のそれは、二本とも透き通ったいい音色を出してくれる“水琴窟”で、高台寺の斜迎えにある円光寺にもあるようでした♪ 伝統的な水琴窟は茶室前の蹲踞(つくばい)に併設されることが多いので、まだ聴いたことがないと言う方、一度その透明感のある音色を楽しんでみてほしいなぁと思います(*^^*)

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪
ステンドグラスの作品を見たいという方は、ここからどうぞ(*^^*)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水琴窟
「ビルゲイツが自宅に水琴窟をつくる為に、御所坊の偲豊庵の水琴窟の図面を持って帰っ ...続きを見る
有馬温泉ブログ
2007/01/27 15:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水琴窟(すいきんくつ)♪ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる