ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤田謙一邸

<<   作成日時 : 2006/08/16 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨日に引き続き藤田記念庭園をご紹介します。上の写真は洋館応接室に納められているステンドグラスパネル。モチーフは猛禽類をイメージしたもののようで、使用グラスは現在で言うアメリカのヤカゲニーのスティップル(青紫の部分)のようなテクスチャーになっていて、全体的には不透明のオパールセントグラスを多用した作品。工法はボーダーのラインのみ鉛線を使用していますが、それ以外はカパーテープを用いてあり、強度上の問題でそうしたのかなぁって感じ。色合いは前述の青紫のインパクトが強すぎて、モチーフと相殺してしまっているように思えます。もう少し彩度の低い色合いのものにすれば、永く見ていても飽きが来にくいのになぁって感じてしまいました・・・(どなたか分りませんが製作者の方、ごめんなさい)

画像


中上の写真はその応接室奥にあった喫茶室。シックで落ち着いた雰囲気でとってもいい感じ♪ 庭側に張り出たテラスでは、きれいな日本庭園を眺めながらコーヒータイムを楽しんでいる人達がたくさんいて、こんなに広くてきれいな庭園があると、心がとても穏やかになっていいなぁって・・・

下の写真は、その庭園奥にある茶室。引き戸には透かし彫りの見事な彫刻があり、高台からは岩木山も展望できる見事な庭園になっています♪

画像


最後に、その庭園から幽山を思わせるような階段を下ると、広い“下界”に明治時代に武学流の庭師としてその名を馳せた“高橋亭山”氏が手がけた“瑞楽園”と呼ばれる見事な庭園があり、枯れ滝や花菖蒲や石橋のある池、茅葺の家など古都の風情を味わえます。

画像


画像



拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ(*^^*)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤田謙一邸 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる